オリジナルアイライン

オリジナルアイライン  市販のアイラインキットを使って、ROSSAのライトまわりを引き締めてみました。
 てっきり私は、この市販されている商品はプラスチック製品だと思っていたのですが、なんとただのシール(カッティングシート)だったというのを封を切ってから気づきました!(悔)


下地処理  まずは型取りをします。苦心したあげく、カッティングシートを裏側にしてライトに合わせて少々斜めにカッティングシートを仮止めして、おおよその形に雲形定規で線を引きました。
 次に、一度カッティングシートをライトに被せ仮止めし、ライトの照射実験をやってみました。すると、カッティングシートが薄すぎてライトが透けて見えてとてもカッコ悪かったので、下地として自作ラリーアートステッカーのときに残った手つかずの黒カッティングシートを貼ることにしました。


下地処理全景  下地処理も終わり、一度ボンネットを閉めどんな具合になったかをチェックしました。
 かなり引き締まって見えます。これでも十分カッコイイです。(笑)
 でもやっぱり、白も貼ってみようと思います。


白が鮮やか!  うわっ!白の色が全く違うじゃん!(苦)
 あまりにもカッティングシートの白が鮮やかすぎて(単にROSSAの白が日焼けしているだけ?)色の差がはっきりと出てしまってます。
 しかもアイライン下側(ライトカバーとアイラインの境目)があまりにもだらしない…ので、付属してきたピンストライブ(黒の細くカットされたカッティングシート)をはり、存在感をアピールします。


ライト点灯  縁取りをしたせいか、かなり存在感も出てかっこよくなりました。
 ライト照射実験も、下地処理の御陰でアイラインから光が透けて見えるという現象も起こっていないようですし。
 やはり気になるのがボディ色との違い。これは早々に解決しないと行けない課題になってしまいました。
 プラ板にソフィアホワイト(ROSSAのボディ色)を吹き付けて貼れば問題ないでしょうか?いささか実験してみないといけないですね。
 果たして、カッティングシートに接着剤などがきちんと乗り、プラ板を長期に渡って貼り付けておくことが可能かどうかは、実験してみないとわからないです。



ライト点灯時(GIFアニメ)


モドル トップヘモドル メール ツギ

Copyright(C) 2003 - 2004 SUGAYAMA MOTORS All Right Reserved.
Powerd by www.fumajime.com and D-Rockets.