Do It Yourself

タイヤ保管

外したタイヤ  我が家では毎年シーズンオフになると、タイヤはカバーも掛けず平積みにしています。
 ただそのままでは、次のシーズンの使用の際にいくらシーズン終了時に洗っても表面に汚れ&埃が付着して、車に装着したときにも洗わなくてはいけなくなり二度手間です。
 そこで今回は、簡単な方法で埃を付着させない方法を伝授します。


ビニール袋  普通黄帽などでタイヤを買うとタイヤ袋をくれるのですが、他人からタイヤを貰ったり個人売買の場合だとそれがありません。
 ですが、一般のゴミ袋では軽自動車のタイヤ程度ならカバーできるかもしれませんが、RVR標準サイズの205/65R15は市販のゴミ袋には入りません。
 そこで、ホームセンターで大きいサイズのゴミ袋を買ってきました。特価品で、10枚入り¥100-でした。
 ここで注目しておきたいことは袋のサイズです。袋のサイズがタイヤの直径+タイヤの表面の幅の大きさを下回らなければタイヤは簡単に入ります。
 袋の厚さも、なるべく厚い物を使用すると破れにくいですし、耐久性もあります。
 私が今回使用したのは0.05mmのものです。恐らく、タイヤ屋の袋よりも厚いと思います。


袋詰め完了  あとはタイヤを袋に詰めるだけで完了です。
 しかも袋保管することにより、タイヤとタイヤの間の摩擦抵抗が大きくなり、出し入れも用意になります。(その分、揺れに弱くなりますが)
 本当はタイヤはタイヤラック等に積み上げて保管しておくのが一番いいのですが、それが出来ない方にはおすすめです。


モドル トップヘモドル メール ツギ

Copyright(C) 2003 - 2005 SUGAYAMA MOTORS All Right Reserved.
Powerd by fumajime.com and D-Rockets.