クロスオーバー取付

 フロントのドアポケットに、クロスオーバーネットワークを取り付けます。
 今回取り付けたものは、ボストンRC51クロスオーバーネットワークです。

 まずは、内張を外します。内張の外し方はこちらを参考にしてください。

ドアポケットの取り外し  内張を外し終えたら、今度はドアポケットを取り外します。
 ドアポケットは内張裏側からネジ8本で止めてあるだけなので、全てのネジを取り外せば外れます。

 余談ですが、私のドアポケットは砂やらホコリやらでかなり汚れていました。なにせこんな場所まで掃除する人間でもないので…恐らく、前のオーナーからのホコリがあったかと思われます。(ひゃー)
 私はホコリは濡れた雑巾で拭いた後、フチなどに付いたホコリをガムテープでペタペタして取りました。


ドアポケットに固定&穴開け  次に、クロスオーバーのカバーを取り外します。このモデルのクロスオーバーの背面を見たところ穴が二つあり、ネジ止めしているわけでもないのでもしやと思い開けてみると、ネジ止め用の穴が開いていました。
 この穴にはM5のボルトが通ったので、ドアポケットにはM5が通った上に余裕が持てるだけの穴(6ミリ穴)を開けました。弱化遊びがあっても、ボルト・ナットできちんと締めれば動きませんから、若干大きめの穴でもいいと思います。
 但し、閉めすぎには注意してください。プラスチックを閉めるわけですから、金属を閉める要領でやると割れ&変形します。(金属もバカみたいに力を掛ければ変形しますけどね)
 但し、この時点ではクロスオーバーネットワークは取り付けません。一度仮止めして、クロスオーバーネットワークから出ていく線を通すための穴の位置を確認し、マジックなどで印を付けておきます。
 一度クロスオーバーネットワークを取り外して、先ほど内張につけた印の場所にドリルで穴を空けます。
 穴の大きさは、配線が通るだけの大きさでいいです。(私はクワガタ端子など付けるわけでもなかったので、6ミリの穴を空けました。でも配線はかなりギリギリです)


ドアポケットの取付、配線出し  配線の穴を開け終わったら、クロスオーバーネットワークをドアポケットに取付け、先ほど空けた穴から配線を通し、クロスオーバーネットワークと接続します。
 配線の長さは、10センチ〜15センチあれば打倒です。長すぎると遊びが出てしまい、振動でカタカタいうかもしれません。
 クロスオーバーネットワークに配線を取り付けたら、内張に戻さずに4極カプラを取り付けます。(詳しくはツイーター取付を参照)
 4極カプラを取り付けたら、ドアポケットを内張に取り付けます。
 作業はこれで完成です。

 後は、ツイーターの取付に移行します。ツイーターの取付はこちら。

モドル トップヘモドル メール ツギ

Copyright(C) 2003 SUGAYAMA MOTORS All Right Reserved.
Powerd by www.fumajime.com and D-Rockets.