ブレーキキャリバー塗装

ブレーキキャリパー  RVRのオーナーによるホームページでも話題になっているブレーキキャリバーの塗装を、実践してみました。
 まず、ブレーキクリーナーでキャリバーの汚れをまんべんなく落としました。いやぁ、黒い液体が落ちるわ落ちる。(写真の中央下のフロアにある黒ばんだ場所がその跡です)
 そのあと、新聞紙を使って丁寧にマスキングしました。(施工中の写真がなくて大変ゴメンナサイ)途中、マスキングに使っていたセロハンテープがなくなるというハプニングに見舞われ、急遽補修用に購入した白いクラフトテープで新聞紙を貼り付けました。(幸いにも車体には乗りの跡が残らなかったです)
 その後、新聞紙に試し吹きをした後キャリバーにスプレーを吹きました。もちろん、「ブレンボ」を彷彿させる「」を使いました。


拡大図  塗装から約30分後、表面はだいぶ乾きましたが、様子を見てもう10分くらい放っておき、マスキングを剥がして完成です!
 すごい!美しい!カッコイイ!もうその完成度に酔いしれていました。(笑)
 そしてホイールを装着。スポークの隣に生える赤い「なんちゃってブレンボ」が何とも言えないキャリバーの存在感を醸し出しています。

 上の写真は左側の前輪の写真です。下の写真は、左右の完成写真(タイヤ装着後)です。



前輪   後輪

補足
 画像に写っているスパルコレーシングの17インチアルミは、2002年8月まで装着していました。
 現在は、純正15インチホイールに戻っております。
 譲渡・販売の予定はありませんので悪しからず。

次へ進む →


モドル トップヘモドル メール ツギ

Copyright(C) 2003 SUGAYAMA MOTORS All Right Reserved.
Powerd by www.fumajime.com and D-Rockets.