ブルーイルミネーション計画

第四弾 エアコンイルミネーション

変更前  エアコン照明を青色にします。
 まずは変更前です。照明点灯時はこちら。
 純正色は、柔らかな白というようなカラーですが、これを青くします。


インパネの取り外し  インパネを取り外します。インパネの取り外しは、マイナスドライバー一本で簡単に行うことが出来ます。
 インパネは、ツメ6カ所(青色の矢印)とハザードランプの配線(赤色の矢印)で固定されています。
 まず、画面中央にある矢印の片一方に布を巻いたマイナスドライバーを差し込み、てこの原理を使って浮き上がらせます。
 浮き上がらせたらその隙間に指を挟み、ベリベリと外していきます。
 インパネ裏側の画像はこちら。


エアコンユニットの取り外し  続いて、エアコンユニットの取り外しを行います。

* 注意 *
 私の場合、2DINオーディオを装着していた為、エアコンユニットを小物入れ(3段目)の場所に移動してあります。
 MMCS装着車両でオーディオレス仕様の場合、エアコンユニットが2段目にある場合がありますが、基本的なことは全く同じです。
 但し、この方法はオートエアコン仕様車の方法です。マニュアルエアコン仕様車の場合は当方でも交換方法はわかりかねません。

 エアコンユニットは、四隅を固定している4本のネジを取り外すと外すことが出来ます。
 続いて、エアコンユニットを引き出します。この際、カプラが多少頑丈にはまっているかもしれませんが、無理をしないようにして引き抜きます。(ツメがあるので、それを押しながらでないと引き抜けません)
 続いて、温度センサーに繋がるホースを取り外します。画像に写るエアコンユニットの左端の丸い筒状の突起に、このホースが付いてあるので、戻す際には付け忘れのないようにしましょう。


エアコンユニット裏側  次に、エアコンユニットの正面パネルを取り外します。
 エアコンユニットを背面から見ると、ネジが4本見えます。(画像の矢印はホース穴のものですのでお間違えのないように。また、画像はネジを外し終えた物です)
 この4本のネジを取り外します。画、ネジは小さな部品ですので、なくしたりしないようにしてください。


ツメを押す  続いて、エアコンパネル上段(通信アリ・ナシと書かれている面)のツメ2箇所を押します。
 細いマイナスドライバー(精密ドライバー3.0mm推奨)でツメを軽く押してやります。両方のツメを押したら、ゆっくりと正面パネルを取り外します。
 (先に記入した通信アリ・ナシは、恐らくMMCSかマルチ情報ディスプレイ装着車のみがアリの表記、非装着車がナシだと思われます)


配線を抜きます  正面ディスプレイと本体を繋いでいる配線を抜きます。
 配線は左右のツメで固定されているだけなので、まずはこのツメを浮き上がらせます。(完全には取れませんので、絶対に無理に取ろうとしないでください)
 両方のツメを浮き上がらせたら、配線を引き抜きます。


純正ソケットの取り外し  正面パネルが外れたら、今度は純正ソケットを取り外します。
 ソケット中央には溝がありますので、底にマイナスドライバーを差し込み、基盤に書いてある方向に回すと簡単に外れます。


左・交換するLED、右・純正ソケット  左が、今回交換するLEDのソケットです。
 右は、純正のソケットです。より光を白くさせるために、ブルーのキャップが被せてあります。(ヘッドライトの発光部分が青い物と原理は同じです。)

2003/12/09更新
 今回当方の使用した物は、直進性の高いレンズを使用しております。下の内容でもおわかりの通り、直進性の高いレンズだとソケット正面が強く発光して見えるという難点があります。拡散性レンズの使用をお勧めします。


すべてを交換します  全てのソケットをLEDと交換しました。
 ちなみに、LEDには極性があるので、極性を間違えると発光しません。
 また、エアコンユニット部の極性ですが、ソケット穴の右側部分がプラス極のようです。(98年式オートエアコン装着車で確認済み)

2003/12/09更新
 山中さまの製作しているLEDには、極性表示がされておりますので、差し間違える心配がありません。
 画像大変見づらいですが、ソケットに白色ペンでマーキングされている方がプラス極になっておりますので、白ペンでマーキングされている箇所が全て下を向くように装着すれば一発で全灯します。


発光確認♪  明るいところでの発光の確認です。ソケット穴の真正面の場所では他と比べてみて明るく発光しています。直進性の高いLEDレンズではやむを得ないことです。


闇の中での発光確認♪  闇の中での発光確認です。
 温度調整ダイヤルの赤い部分(30度強の部分)は、赤く発光していません。(汗)でもわかるので大丈夫です。
 ちなみに、熱線スイッチと内気循環スイッチはLEDとは光源が無関係らしく、LEDの色に捕らわれることなくオレンジに光っています。


ブルー  また一つ、計器類のブルーかが進みましたね。
 ちなみに今回掛かった費用ですが、LED1つが¥780-、それが4個と送料¥120-。更に試しに買ってみた物が送料込みで¥900-ですので、¥4140-です。
 ちなみに、LEDソケットは市販品ではなく、ワンオフ品です。

2003/12/09更新
 制作者の山中さまのご厚意により、通常¥780-のこの商品が¥750-の特別価格で購入できるようになりました!
 但し、メールには必ず「スガヤマモータース見ました!」と記入してください。これが特別価格のキーワードになっております。
 エアコンパンパネルの青色LED化には、4個のLEDが必要となりますので、「拡散レンズ4個」とご注文くださいね。
 また、カラーもホワイト、レッド、ブルー、オレンジの4色から選べますので、カラーも注文の際に申し出てくださいね。
 LED購入希望者は、下記をコピー&ペーストして山中さま(be2ha7@yahoo.co.jp)へメールを送信してください。

・キーワード
・希望個数 ・希望色
・郵便番号
・住所
・氏名
・電話番号

 注文の際、Runners会員であることもアピールしていただければ幸いです。

← 前に戻る ・ 次へ進む →
ブルーイルミネーションプロジェクトへ戻る


モドル トップヘモドル メール ツギ

Copyright(C) 2003 SUGAYAMA MOTORS All Right Reserved.
Powerd by www.fumajime.com and D-Rockets.