ブルーイルミネーション計画

第一弾 電流計イルミネーション

 メーター類やエアコンパネルの照明を、全てブルーのイルミネーションで統一しようと言う、かなり無謀な計画です。

豆電球型と一般口金球との比較  今回は、後付の電流計の照明を青色LEDに変更してみました。
 SKCの電流計には、12V7Wの豆電球のような電球が点いておりました。
 それにしても、一般の10mmウェッジバルブが12V5Wに対して、メーター照明に12V7Wの電球とは…無駄な電力ですね。(汗)
 左の画像は、メーターに付いていた12V7Wの豆電球とRVRのヘッドライト内に使われていた12V5Wの口金球(BA9s型と言うそうですが、T4Wと定義されている方もいるみたいです)との比較です。
 また、ヘッドライト内の口金球は既にBA9s型LEDに交換済み


今回使用するBA9s型ブルーLED  今回使用した物は、株式会社ワイドから販売されているCLEAR TRACER(クリアトレーサー) LEDスポットライト口金球<ブルー>です。
 パッケージはこちら。(パッケージは、ヘッドライトに使用したホワイトのもので、純正の口金球の保管に使っています)
 このLED、形が辺だと思いませんか?
 実は、このLEDは拡散型という形状になっているらしく、LEDの発光部分がすり鉢状(凹となっている)になっていて、直進性の高いLEDの光を分散させる効果を持っているそうなのです。
 諸々事情もあって、今回はクリアトレーサーのLEDを採用しました。

諸々の事情とは…
 実を言うと、BA9s型LEDの市販モデルは、私の知る限りではクリアトレーサーしかないようなのです。
 しかも、クリアトレーサーも拡散型しかラインナップしていないようなのです。
 まあ、メーターランプに直進製の高いLEDを採用しても見づらいだけなのですが。(汗)
 あと、BA9s型のLEDといえばオークションで販売されているものしかないのですが、価格はクリアトレーサーの倍以上します。

2004/06/11 更新
 最近ではクリアトレーサー以外のBA9s球が市販されています。(代表されるものではレイブリック)

余談ですけど
 このクリアトレーサーの画像、過去にヤフーオークションにて盗用されたことがあります。(爆)


電流計照明の変更  取り付けは至って簡単、元の電球とLEDを交換するだけです。
 BA9s型LEDはプラス極、マイナス極がはっきりと別れている為、誤配線などはまずありえません。(簡単に言えば、ボディ本体がマイナス極で、ボディ底の突起がプラス極です)
 まだ電流計の配線も接続していない状態(飾り状態)なので、イルミの配線はシガープラグを介して点灯するように加工しました。(汗)

点灯した状態
 画像はフラッシュをオフにして、三脚とセルフタイマーを使って撮影しました。(闇に慣れさせるためと、手ブレによる画像のぐらつきを防ぐため)
 実際には、外枠がうっすらと光る程度の弱い光です。拡散性LEDの宿命でしょうか、直進性LEDよりは光量は少なく感じます。

点灯後インプレッション
 完全にムードランプ状態になっています。(汗)
 この横に電圧計(予定)を取り付けるとそれなりになるのですが、やはり一つだけだと寂しいですね。



シガープラグの変更 2003/11/12 更新
 いちいち夜間にシガープラグを抜き差しするのが面倒になってきたので、スイッチ付きのシガープラグに変更しました。
 シガープラグはフットランプネオンで使用したネオンのものを流用(リサイクル)しました。
 このプラグはヒューズを入れておかないと通電しないタイプなので、1Aのヒューズを入れて使用しています。
 ライトをつける前にプラグのスイッチをオンにして、車両から落ちたときにオフにしています。
 LEDなのでバッテリー上がりの心配はないのですが、昼間からLEDが光っているのはあまりにもおまぬけなので。

2004/06/11 更新
 いま現在は、グローブボックスのイルミネーション配線から分岐して、ライト点灯時に点灯するようにしております。(スイッチ不要状態です)


次へ進む →
ブルーイルミネーションプロジェクトへ戻る


モドル トップヘモドル メール ツギ

Copyright(C) 2003 SUGAYAMA MOTORS All Right Reserved.
Powerd by www.fumajime.com and D-Rockets.